ごまかしだらけの株式情報最新の記事

筋肉と走り

ここ最近では箱根駅伝の名門として名を馳せている青山学院大学。しかし、数年前までは箱根駅伝において目立った成績は残せていなかった。躍進の理由にはそれまで陸上界では定番となっていた腕立て伏せと腹筋などの筋トレをおこなわず、青トレと名付けた体幹トレーニングを取り入れたことにある。それにはきちんとした理由があるようだ。必要以上の筋肉を付けると身体が重くなり、走りに影響がでるのは言うまでもないが、筋肉が付くことで走りに悪影響が出ることを問題視したようだ。具体的には腕立て伏せをすることによって腕周りの筋肉が肥大し肩甲骨の可動域が狭くなり、腕の振りが小さくなってしまう。接触のない陸上競技において腕周りの筋肉は必要ない。また、腹筋で筋肉が肥大することでエネルギーのロスになってしまうのである。実際に腕立て伏せと腹筋をおこなわず、青トレで鍛えた選手たちのここ数年の活躍は説明するまでもないだろう。筋肉と走りには繊細なバランス関係があるのだ。

日本人でも筋肉は付く!外国人のような体になる方法

ごまかしだらけの株式情報について


|||オリジナル絵本製作クロスロード
カテゴリー
更新履歴
筋肉と走り(2018年5月21日)
塾を決める要素(2018年5月21日)
ストレスを軽減させることによる改善(2018年4月24日)
白髪染めを使う時にはどうしたら良いか(2018年1月 8日)
行方調査|プロの探偵の浮気調査であれば...。(2016年9月26日)